LPIC-1 - 101試験 - 104:デバイス、Linuxファイルシステム、ファイルシステム階層標準

  1. 104.1 パーティションとファイルシステムの作成
    重要度 : ★★
    ハードディスクなどのメディア上でディスクパーティションを構成し、ファイルシステムを作成する。これには、スワップパーティションの操作も含まれる。
    【用語例】
    fdisk、 mkfs、 mkswap

  2. 104.2 ファイルシステムの整合性を保持する
    重要度 : ★★
    標準的なファイルシステムだけでなく、ジャーナリングファイルシステムに関連付けられたデータも保持する。
    【用語例】
    du、df、fsck、e2fsck、mke2fs、debugfs、dumpe2fs、tune2fs、xfsツール(xfs_metadumpおよびxfs_infoなど)

  3. 104.3 ファイルシステムのマウントとアンマウントをコントロールする
    重要度 : ★★★
    ファイルシステムをマウントするための設定ができる。
    【用語例】
    /etc/fstab、/media、mount、umount

  4. 104.4 ディスククォータを管理する
    重要度 : ★
    ユーザ用のディスククォータを管理する。
    【用語例】
    quota、edquota、repquota、quotaon

  5. 104.5 ファイルのパーミッションと所有者を管理する
    重要度 : ★★★
    適切なパーミッションと所有者権限を使用して、ファイルへのアクセスを制御する。
    【用語例】
    chmod、umask、chown、chgrp

  6. 104.6 ハードリンクとシンボリックリンクを作成・変更する
    重要度 : ★★
    ファイルに対するハードリンクとシンボリックリンクを作成して管理する。
    【用語例】
    ln

  7. 104.7 システムファイルを見つける、適切な位置にファイルを配置する
    重要度 : ★★
    一般的なファイル位置とディレクトリ分類を含む、FHS(Filesystem Hierarchy Standard:ファイルシステム階層標準)に習熟する。
    【用語例】
    find、locate、updatedb、whereis、which、type、/etc/updatedb.conf


   

www.click-rescue.com