LPIC-2 - 201試験 - 201:Linuxカーネル

  1. 201.1 カーネルの構成要素
    重要度 : ★★
    特定のハードウェア、ハードウェアドライバ、システムリソース、およびさまざまな要求に必要となるカーネルの構成要素を利用する。これには、異なる種類のカーネルイメージを実装すること、安定版および開発版のカーネルとパッチを区別すること、カーネルモジュールを利用することなども含まれる。
    【用語例】
    /usr/src/linux、 /usr/src/linux/Documentation、 zImage、 bzImage

  2. 201.2 カーネルのコンパイル
    重要度 : ★★
    カーネルを適切に設定し、Linuxカーネルの特定の機能を必要に応じて取り込む、または無効化する。これには、必要に応じてLinuxカーネルをコンパイルまたは再コンパイルする、新しいカーネルに更新や変更を書き込む、initrdイメージを作成する、新しいカーネルをインストールするなども含まれる。
    【用語例】
    mkinitrd、 mkinitramfs、 make、 makeのターゲット(config、 xconfig、 menuconfig、 oldconfig、 mrproper zImage、 bzImage、 modules、 modules_install)

  3. 201.3 カーネルへのパッチ適用
    重要度 : ★
    新しいハードウェアのサポートを加えるために、カーネルに適切なパッチを当てる。これには、すでにパッチが当てられたカーネルから適切なパッチを削除することも含まれる。
    【用語例】
    patch、 gzip、 bzip2

  4. 201.4 カスタムカーネルおよびカーネルモジュールのカスタマイズ、構築、インストール
    重要度 : ★★
    2.6または3.xカーネルを特定のシステム要件を満たすよう必要に応じてパッチを当てる、コンパイルする、設定ファイルを編集するなどして、カスタマイズ、構築、およびインストールする。これには、カーネルをコンパイルする要件、カーネルモジュールの設定および構築の要件を評価することも含まれる。
    【用語例】
    patch、 make、 モジュールツール、 /usr/src/linux/*、 /usr/src/linux/.config、 /lib/modules/kernel-version/*、 /boot/*、 makeのターゲット(all、 config、 menuconfig、 xconfig、 gconfig oldconfig、 modules、 install、 modules_install、 rpm-pkg、 binrpm-pkg、 deb-pkg)

  5. 201.5 実行時におけるカーネルおよびカーネルモジュールの管理/照会
    重要度 : ★★★
    2.6.xまたは3.xカーネルとそのロード可能なモジュールについての管理や照会ができる。
    【用語例】
    /lib/modules/kernel-version/modules.dep、 /etc内のモジュール設定ファイル、 /proc/sys/kernel/、 depmod、 insmod、 lsmod、 rmmod、 modinfo、 modprobe、 uname


   

www.click-rescue.com