LPIC-2 - 201試験 - 203:ファイルシステムとデバイス

  1. 203.1 Linuxファイルシステムを操作する
    重要度 : ★★★★
    標準的なLinuxファイルシステムの適切な設定と操作。これには、各種ファイルシステムの設定およびマウントも含まれる。
    【用語例】
    /etc/fstab、 /etc/mtab、 /proc/mounts、 mountとumount、 sync、 swapon、 swapoff

  2. 203.2 Linuxファイルシステムの保守
    重要度 : ★★★
    システムユーティリティを使用して、Linuxファイルシステムを適切に保守する。これには、標準的なファイルシステムの操作も含まれる。
    【用語例】
    fsck (fsck.*)、 badblocks、 mkfs (mkfs.*)、 dumpe2fs、 xfsdump、 xfsrestore、 debugfs、 debugreiserfs、 tune2fs、 reiserfstune、 mkswap、 xfs_info、 xfs_check、 xfs_repair

  3. 203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する
    重要度 : ★★
    AutoFSを使用して、ファイルシステムのオートマウント設定をする。これには、ネットワーク上およびデバイス上のファイルシステムに対するオートマウントの設定が含まれる。また、CD-ROMなどのデバイス用のファイルシステムの作成も含まれる。
    【用語例】
    /etc/auto.master、 /etc/auto.[dir]、 mkisofs、 dd、 mke2fs

  4. 203.4 udevでのデバイス管理
    重要度 : ★
    udevを使用した、デバイスの検知と管理について理解する。これには、udevルールのトラブルシューティングが含まれる。
    【用語例】
    udevmonitor、 /etc/udev


   

www.click-rescue.com