LPIC-2 - 201試験 - 205:ネットワーク構成 - 205.4 システム関連の問題をユーザに通知する

Last Update : September 18 2014 21:34:17

     

a. ユーザーへのシステム管理情報の通知

1. ログイン前後のメッセージ

ログインの前後でそのユーザーに通知しておくメッセージを表示させることができます。
ログイン前の通知には、/etc/issueを使用し、ログイン後の通知には、/etc/motdを使います。

● ログイン後に今日のお知らせ
ユーザーがログインした時にメッセージを通知するには、/etc/motdにその内容を記述しておきます。

$ vi /etc/motd
=============================== test message : 2013/08/01 ===============================

ログインすると

Last login: Thu Aug 1 12:56:10 2013 from 192.168.1.16 =============================== test message : 2013/08/01 =============================== [sakura@test001 ~]$

● ログイン前にシステム情報の表示
多くの場合、ログインプロンプトの前にディストリビューション名やバージョン、カーネルのバージョンなどを表示するようになっています。ここに、独自のメッセージを表示させることもできます。メッセージを表示するには、/etc/issueというファイルにメッセージを記述します。
telnetなどでリモートからアクセスした場合に、メッセージを表示するには、/etc/issue.netファイルに記述します。


2. ログイン中のユーザーへのメッセージ

ログイン中のユーザーに一斉にメッセージを通知する場合は、wallコマンドを使います。

# wall "Today system shut down at 21:00"

すぐに、ログイン中のユーザーの端末画面にメッセージが表示されます。

shutdown コマンドにもメッセージを通知する機能があります。
「-k」オプションを使うと、実際にはシャットダウンせずに、メッセージだけを通知することができます。

# shutdown -k now "Today system shut down at 21:00"


z. 出題範囲概要

●主要な知識範囲
ログオンメッセージを使用してユーザへの通知を自動的に行う
アクティブなユーザにシステムの保守を通知する
●重要なファイル、用語、ユーティリティ
/etc/issue /etc/issue.net /etc/motd wall /sbin/shutdown


  [ 例題 ] 
  1. 201:205.4 問01  ログインした際に表示されるメッセージ
  2. 201:205.4 問02  /etc/issue
  3. 201:205.4 問03  ログインプロント


     

www.it-shikaku.jp