LinuC-2 - 201試験 - 2.02:ファイルシステムとストレージ管理

  1. 2.02.1 カーネルの構成要素
    重要度 : ★★★
    概要 :
    • 標準的なLinuxファイルシステムの適切な設定と操作ができる。これには、各種ファイルシステムの設定およびマウントも含まれる。

    詳細 :
    • fstab設定の概念
      /etc/fstab
    • ファイルシステムのマウントとアンマウント
      mount, umount, /etc/mtab, /proc/mounts, systemd
      マウントの順番
    • スワップパーティションおよびファイルを操作するツール
      swapon, swapoff, mkswap
    • ファイルシステムを特定しマウントするための UUID の使用
      blkid, lsblk


  2. 2.02.2 ファイルシステムの管理
    重要度 : ★★★★
    概要 :
    • システムユーティリティを使用して、Linuxファイルシステムを適切に保守できる。これには、標準的なファイルシステムの操作およびSMARTデバイスの監視が含まれる。

    詳細 :
    • ファイルシステムを操作するツール
      mkfs (mkfs.*), fsck (fsck.*)
    • ext4を操作するツール
      tune2fs, dumpe2fs, dump, restore
    • XFS を操作するツール
      xfs_info, xfs_check, xfs_repair, xfsdump, xfsrestore
    • subvolumes と snapshots を含む、 基本的な Btrfs を操作するツール
    • ext4 ファイルシステムをBtrfsに変換したり操作する。
      btrfs, btrfs-convert
    • HDD, SSD の健康状態を監視できる。
      smartd, smartctl


  3. 2.02.3 論理ボリュームマネージャの設定と管理
    重要度 : ★★★
    概要 :
    • 論理ボリューム、ボリュームグループ、および物理ボリュームの作成および削除ができる。これには、スナップショットと論理ボリュームのサイズ変更が含まれる。

    詳細 :
    • LVM のツールと設定ファイル lvm, lvm.conf
    • 物理ボリュームの作成および削除方法 pv* コマンド
    • ボリュームグループの作成/削除、物理ボリュームの追加/削除、名前変更、有効化/無効化方法 vg* コマンド
    • 論理ボリュームの作成/削除、サイズ変更、名前変更、有効化/無効化方法 lv* コマンド



   

www.click-rescue.com